表彰式とその後

時は遡りますが。。

先月終わり頃 東京にて一般社団法人アンチスリップ・ラボの年間表彰式と講習会がありました。(そんな前ならもっと早くブログに書けよってねスンマセン)

マスクの下ではドヤ顔してます

ボクが頂いたのは

エリアオブザイヤー2021東海北陸ラボ

ボクが施工した どの現場も規模は小さめでしたが、

(あ、規模の大小でクオリティが変わることはありません。全現場フルスイングです!)

コツコツ数をこなしたことが認められたようです。

他の受賞者たちは 年間を通して大きな現場をいくつも施工したり、

新たに大手公共機関と契約を結んだり、

毎年 日本を代表する企業の実験施設を滑り止めしてたり、

ボクなんかとは比較出来ないくらいの実績を積み上げていました。

受賞したものの、まだまだ上には仲間(ライバル)たちがいて、

目指す目標もはるか先をいってますが、

自分なりにひとつひとつステップアップしていこうと思います。


受賞式を終えて 岐阜に戻り、

最初の滑り止め工事の現場は とある法人様の事務所玄関。

久しぶりに見た美しい石材

あまり見かけない石種ですが、

蛇紋石(じゃもんがん)っていいます。

日本でも採掘される石種で、大振りな柄と 深い緑色が特徴の美しい石です。

色の濃い部分とそうでない部分で滑り止め効果の違いが出やすく、

施工にちょっと気を遣うタイプの床ですね。

施工前の洗浄の様子

ま、エリアオブザイヤー受賞者のボクくらいになれば チョチョイのチョイで施工完了です。

ミマセン調子のりました。

予想してた通り、なかなかデリケートな石でして 

けっこう時間がかかってしまいました。

予定時間を越えてしまい、お客様にはご迷惑おかけしましたが、

しっかり丁寧に施工することが一番重要であると考えております。。

今回も ひとつステップアップ出来たことに感謝しながら

次の現場も誠実に対応して行きたいと思った次第でアリマス。

東海の滑り止め工事といえば各務陶建へ

たくさんの方が利用する公共施設のタイル、個人宅の濡れて滑りやす軒先まで
「ASL工法」の滑り止め工事をしておけば、安心してお過ごしいただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

各務陶建へのお問合せ

もっと滑り止め工事「ASL工法」のことを知りたい

前の記事

美濃焼きタイル祭り