猛暑、豪雨、そしてお盆

すっかり月イチ更新となってきたこのブログ

こんなことではいけませんが、、

先週ころから東北地方では災害級の豪雨となっています。  現地の被害が少しでも小さなものであるようにお祈りします。

ワタシの住む 東海地方は連日の猛暑と急な夕立ちで 体力と精神力 両方が削られるような毎日。。

仕事に追われる幸せを噛みしめながら 汗と冷や汗と脂汗にまみれております。🫠

日陰が恋しい。。

最近 外構工事の会社さんからお声をかけてもらうことが多いです。

その内容は

「工期がないからタイル張りに来て!」

とか

「暑すぎて仕上げに人手が欲しい!」

みたいな 応援要請がほとんどですが、先日うけた問い合わせに

「内装用のおしゃれなタイルを外部に使いたいんやけど、滑らないように出来ない?」

という 完全にボク向けの質問がありました。

基本的に外部で使用される床用タイルは 表面がザラザラしたグリップ仕様のものがほとんどです。

そうすると必然的に柄や模様もザラザラに似合う 岩肌調や単色のものが多くなってきます。


「お家の雰囲気やデザイン的に大理石風のツルっとした床材を採用したいけど、安全面を考えると選択出来ない。」

お付き合いのあるガーデンデザイナーさんの言葉。

さっそく大理石風のセラミックタイルでサンプルを作って打ち合わせしてきました。

大変喜ばれ、現在進行中の現場で採用されそうです。

安全面だけでなく、デザイン面からの需要もあるのだと気付かされた出来事でした。

東海の滑り止め工事といえば各務陶建へ

たくさんの方が利用する公共施設のタイル、個人宅の濡れて滑りやす軒先まで
「ASL工法」の滑り止め工事をしておけば、安心してお過ごしいただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

各務陶建へのお問合せ

もっと滑り止め工事「ASL工法」のことを知りたい

前の記事

し、しまった。。